散歩のしつけ
〔外出先で気をつけること〕



今回は、外出先、つまり散歩など行った折りによく出会うことがらについて、 幾つかの問題点を考えてみましょう。
公園や道では家族以外の多くの人間や犬、他の動物にたくさん出会いますが、連れている犬がその時どのような反応を示すかよく観察しましょう。
初めて子犬が外出した時にいきなり他の成犬達の中に仲間入りをさせることをしてはいけません。
何事も第一印象というものがあり、出会った事柄によっては外出嫌いになることもあり、犬は誰でもお友達になれるということではありません。
社交的に育てることは大切なことですが、気持ちばかり先行してとにかく多くの犬に接触させなければとばかりに、子犬を犬達の輪に入れるようなことをしたなら、余程大胆な気持ちを持ち合わせた犬でないかぎり恐怖心の方が
先行してしまいます。

飼い主によっては「うちの犬はだいじょうぶヨ」などと言って、相手の犬の性格もわからないうちにリードを長くしていきなり近寄って来ることもありますので、初めて子犬と外出した時には周囲に気を配ることも飼い主としては大切な心構えです。しかし、過保護にすることは最もしてはならないことの一つです。
相性の悪い相手と遭遇したからといって抱いてしまう〔写真参照〕ようなことはいけません。
犬は飼い主に抱かれることによって、大きなみかたを得たものと判断して、余計相手に強気の姿勢をみせるようになります。はじめのころは逃げるような素振りをみせていますが、飼い主に抱かれて護られることを覚えると、そのうち相手に吠えかかってゆくようなこともする場合が起きてきます。
そのようになってからでは、どんな犬とも友達にはなれなくなってしまうことにも成りかねませんので、けっして抱くようなことはしないように。
余りにも特定の相手を嫌う場合には、何かしら相性の悪さというものがあるのですから、強引に仲良く指せようとするのはゆき過ぎの「しつけ」ということもいえると思います。
飼い主の冷静な判断の元に、できる限りの努力をして駄目ならば、相性の悪い相手に近寄らないということも一つの考えです。
人間も当然このような感情があるわけですから、その気持ちは理解できるでしょう。

「社交的にしつけなければ」といって、「どうして仲良くできないの!」とばかりに強引に相手に近寄せたり、犬を叱りつけたりしたならかえって反抗心が芽生えてしまいまい、極端な場合どのような犬に出会っても攻撃をしか
けるようなことになる場合があります。
充分に愛犬の性格を判断し、理解してあげるようにし、焦らずに、優しい成犬にまず相手になってもらうようにしましょう。

〔アドバイス〕
犬どうしは仲良くなれるものとは思い込まないように!
自分の犬が温厚だからとばかりに、相手の犬の性格も確かめないうちに近づかせる愛犬家をよく見かけますが、必ず相手の飼い主に確認をし、お互い了解の元に遊ばせるようにしましょう。
生理の臭いがしている牝犬などがいると、遊びなれている犬達であっても牡犬達は通常の友達関係ではなくなります。
本能が先行しますので充分に気をつけましょう。